2004年12月02日

郷土の唄ー船唄

先日の各地のひなうたの続きである。
今回は船唄の抜粋の巻・・・



「順序としてまづ私の郷土(広島県安芸郡中部)に唄はれてゐる物からはじめよう。
この、郷土の唄だけは先年発表した稿に基き、それを其後、蒐集したものを加えて説くことにする。
断っておくが「郷土の唄」と一口に云ってもここに集めたものは必ずしも郷土で生まれ郷土のみで唄はれてゐる(もしくはゐた)唄ばかりではない。

殊に古い時代の唄には、それが純郷土的のものか、または一般に流布した流行小唄の類に属するものか、そこにはっきりとした断定を下し難いものがある。
そのへんは厳密な区分をせずに置いた。

イ 船唄

金色の柑子が目に輝く芸南の高畑に立ち尽くして紫になごみ渡った沖合いを見渡せば、大島小島は薄く濃く霞に浮んで、瀬戸内海はまさに一幅の画図である。

この美はしい内海を西に東にすべり行く舟はさながら遠い夢の国から流れてくるような唄声を波の上に伝える。
その暢やかな、(のびやかな)しかも形状しがたい放大な音調は、いかに良く彼ら船人の生活と情趣とを表現せるかに思はしめる。
但し玆に採譜した旋律Aはこの船唄が私の郷里の農村で農民の作業歌として転用されているものであって真の船唄の原型を完全に保有していない。
俗間よく唄われている舟歌としての旋律はいま少し単純素朴なものである。
Bの如きがまづ略ぼ原型に近いものであろう。

左に掲げた歌詞は最も人口に膾炙せるものである。

♪ヤァレ船頭可愛や音戸の瀬戸でヨウ、
   一丈五尺の櫓がひわるヨウ(または「しわる」)

♪沖の暗いに白帆が見える
   あれは紀の国蜜柑船

これもよく人に知られたものである。
この歌詞は岡山県小田郡の船唄として文部省の本に出ている。
広島県の部には載せていない。
(俚謡集拾遺281頁参照)続きを読む
posted by 夢野舞歌 at 15:01| Comment(0) | TrackBack(1) | 藤井清水資料抜粋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月29日

各地の鄙うた(ひなうた)

思い切り孫引きになるが
文章を載せてみようと思う。
雑誌「芸術と教育」第2巻第2号より4号まで
3回にわたって乗せられた文章である。
長い文なので、
分割して載せてみたい。

「・・・私が各地のー殊に郷土のー唄を研究資料として蒐集(しゅうしゅう)し始めたのは随分久しい以前のことである。
たしか大正五年頃、母校の機関雑誌「音楽」でその若干を発表したことがある。
また、大正二、三年頃書き綴った文章を出して読んでみると、
「正月もござった、お逮夜もござったー」
幼い頃の童謡がふと心を掠めて過ぎってゆく。
というような言葉がある。また
「蝶々とまれ、菜の葉へとまれ
    菜の葉が切れたらわしが手へとまれ・・・」
 冷やめし草履突っかけて麦畑を蝶々追うた少年の頃を夢のように思い出しつつ云々
とも書いている。
(この「正月もござった」や「蝶々とまれ」は私の郷里でうたわれていた古来の童謡である。)
恐らくその頃の一般社会でまだ余り「童謡」などと云っている人は(特殊の研究家、作家の外は)無かったらうと思はれる。
私は早晩こうした機運の向いてくることをよかんしていたという訳でもないけれど、土の上に漂うこれらの懐かしい響きが、教養のある人々によって少しも顧みられずにいる間は、ヤレ国民音楽の創設だなどという尤もらしい唱道も畢竟(ひっきょう)机上の空論に過ぎない、といおうようなアイロニイを感じていたのは事実である。
サクサクと踏む土の響きの嬉しさよ。
ほの匂う草の香の懐かしさよ。
毒気に満ちた都会病に感染している日本の音楽芸術は「土」によってしか救われない。
安香水と人いきれで蒸し上げられた翻訳音楽は、あのすがすがしい草の香に洗はれて後に蘇るであらう。
私が長い年月と労力を費やして蒐集調査し得たこれらの鄙唄を何物にも換えがたい貴重なトレジュアーとしてこのごろ私はしみじみと眺めている。
それは10冊の理論書を以てするよりももっと直接に私自身が肥やされてゆくニュートリティであった。
農村の青年処女は愚かしくも鍬をすて鎌を投げて都市に走り、かの目まぐるしい器械文明の渦中に身を殺すこと尚且つ火を慕い寄る夏の虫のそれにも等しい。
かくて若き「たましい」は滅び、彼らのなさけの華をうるおせしリリックポエムは時と共に煙滅してゆく。
ああ遂に何が残るのか。
若人よ、野に還れ。かがやく麗日と、みどり吹く風と鳥の声とーそれは「自然」の胸に満ち溢れた「いのち」の讃歌である。
前述の、母校の雑誌へ私の研究を発表したのは、当時誌上で民曲調査の寄稿を求めてゐたからである。
が、これに応じて稿を寄せたのは私一人であった様に記憶する。
で折角意義ある此企てもそれきり立ち消えとなってしまった。惜しい事である。
(ずっと以前文部省から、全国の俚謡を集成した「俚謡集」並びに其後「俚謡集拾遺」が出たが、これらは詞章だけのもので、此方面の文学的乃至歴史的研究には絶好の資料であるが、音楽上の参考資料としては余り役立たぬ)
其頃の音楽者で斯うした研究の必要さー否、「興味」をすらもー感じていた人が無かったのであろう。

続きを読む
posted by 夢野舞歌 at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤井清水資料抜粋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月23日

1916.12.31日記より。

1.東京音楽学校を卒業したこと

2.今春帰郷して以来一生の事業として年来努力苦心した邦楽調査が大いに進抄したこと

3.郷里において青年男女に対し通俗的音楽講述をしてその趣味を涵養し、荒頽した郷土の思想の向上に幾分でも貢献したこと

4.軍隊に入ったこと


抜粋なんで原文はない。
ちなみに「作曲家・藤井清水」P20.

ささいなことなんだ。

問題は2.

このとき彼は邦楽調査をどこまで調べていたのかな。
卒業してすぐだよな。

それを示す手がかりが
まだ見つからない。
この時点で
どこまでやっていたんだろう。

ほんの些細なこと。
posted by 夢野舞歌 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤井清水資料抜粋 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。