2007年05月10日

子守唄は花に包まれて・・・

子守唄、
子守唄・・・か。

なら、こんなのはどだw

「お守りのお里」
野口雨情 作詞 藤井清水 作曲

お守りのお里に 鳴くひばり
菜の花眺めて ねんねする
菜の花眺めて ねんねする

五月は菜種の 花盛り
お日様暮れても まだ暮れぬ
お日様暮れても まだ暮れぬ

ひばりがねんねに 来る頃にゃ
お空もいっぱい 夕焼ける
お空もいっぱい 夕焼ける

うーん
最初期の打ち込みだなこれも。

フシギなリズムだと
思ったんだ。
3連符を多用して
なだらかな風が
流れているようだ。

この時って
まだ旧暦だっけ^^;;
あ、でも今は
気候がちっと変わってるけど・

のどかだね。
ひばりが菜の花畑の真ん中で
ねんねしてる。

お日様くれても
菜種の花が輝いて
まだ日が暮れてないみたい。

鮮やかだもんなぁ
黄色。

下のリンクボタン押して
菜種の黄色と
隙間を流れる風を
想像してみてくださいな。

posted by 夢野舞歌 at 01:06| Comment(1) | TrackBack(0) | 藤井清水的随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
失礼いたします
Posted by エロ at 2008年01月26日 00:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。