1944年04月01日

曇りゃ曇りゃんせよ

曇りや曇りやんせヨウ
がんがら山よ
どうせ篠井は ヨウ
見えやせぬ

わしと行かぬか朝草刈りに
草のない山七めぐり。
     (囃子詞同前)
 
障子あければ門前田中
なぜか篠井は山の
 
いくら通ても葉の山よ
色のつく木は更にない。
 
嫁にゆきたいあの山越えて
村にや黄金の米がなる。
 
草刈負けたら七ほら八ほら
それで負けたら鎌を研げ。

************************栃木県・草刈唄



posted by 夢野舞歌 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤井清水らいぶらりー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。