1919年12月01日

早春の歌

下萌え草の 色めでて
光みちしく 野にいでよ
万物(もの)よみがえる 初春の
歓歌(うた)ものどけし 揚雲雀(あげひばり)

梅が香のせて 風ふけば
遠里小野の 雪消えぬ
つんぐむ葦の さみどりも
とけて流れん 春の水

**********************足立幽香里(藤井清水)作詞


posted by 夢野舞歌 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤井清水らいぶらりー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。