1921年08月15日

十文字

道の十文字で
烏が啼いた
不思議 打ち打ち(ぶちぶち)
烏が啼いた
何のことだろ
胸まで響く
今日もかんぶり振って
また 啼いた

****************野口雨情 作詞


posted by 夢野舞歌 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 藤井清水らいぶらりー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122299660
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。