2008年06月21日

雨の日は。

雨が降るこんな日は
しみじみとしたいと思ったりする。

♪あめあめふれふれ〜・・・

ではないのさ。

こっち

雨   北原白秋作詞/弘田龍太郎作曲
(一)
雨がふります 雨がふる
遊びに行(ゆ)きたし 傘(かさ)はなし
紅緒(べにお)の木履(かっこ)も 緒(お)が切(き)れた

(二)
雨がふります 雨がふる
いやでもお家(うち)で あそびましょう
千代紙(ちよがみ)折(お)りましょう たたみましょう

(三)
雨がふります 雨がふる
けんけん小雉子(こきじ)が 今(いま)啼(な)いた
小雉子も寒(さむ)かろ 寂(さび)しかろ

(四)
雨がふります 雨がふる
お人形(にんぎょう)寝(ね)かせど まだ止(や)まぬ
お線香(せんこう)花火(はなび)も みな焚(た)いた

(五)
雨がふります 雨がふる
昼(ひる)もふるふる 夜(よる)もふる
雨がふります 雨がふる

こんな気分のほうが
ぴったりくる。

雨の風情は
長靴履いて楽しく歩く感じじゃあないのよねぇ。

しとしとという音がいい。
さびしいようで
しんみりしているようで
でもなんか雨って落ち着く感じがする。

歌の中の子は
雨が降ってる
外で遊べない
つまらない・・・って思ってると
思うんだけどね。

でもただつまらないだけじゃないんだ

私だったら
たまにはこんな日もありかなーとか
思ってしまう。

鳥の声に寂しさを聞いたら
軒先まで出てみて
おーい、こっちおいでとか
言ってみたい気分だったりして。

子供は待ちきれないものだよねー。

雨がやむの

まだかなーとかって
千代紙折りながら外を見つめていたりして。


もうひとつ
雨といえば〜

「てるてる坊主」だな、やっぱり。

歌詞はすべてはかけないデス。

♪てるてる坊主、てる坊主・・・

で始まる歌。

昔よくティッシュで作ったなぁ

あれってのっぺらぼうでつるしといて
晴れたら顔を書いてあげるんだったよな。

逆に雨にしたけりゃ
坊主は逆さづりに。
それか真っ黒で

この歌、3番を歌うと
ひどいなぁって
お年寄りにも言われる。
(真剣に詰め寄られたことはないけどね)

なんでか。

もし雨が降ったならこうだもんな。

♪そなたの首を ちょんと切るぞ〜

こわ(ーー;)

だから2番までしか知れ渡ってないとゆーわけでぇ(ーー;)

でも実際
風習としてこうしたのかしら。
wikiには書いてなかったみたいだけど
他のとこは検索できてないけどねぇ。

ま、あたしゃ晴れでも雨でも
それはそれなりに好きなんですが。

気温と連動したこのじめじめさは
仕事の時は勘弁していただきたいと
昨日は真剣に思ったもんだ(ーー;)

扇風機あって
服の通気性がいいだけでこの差(爆

まぁ明日は雨ふったりやんだり

眺めてのんびりできるならしておこう(ーー;)

♪雨が降ります 雨が降る〜・・・
posted by 夢野舞歌 at 01:24| Comment(3) | TrackBack(0) | 童謡的随想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは(^^)。
立ち寄り軌跡を残しておきます。

Posted by わんだ at 2008年06月21日 23:00
突然のコメント失礼します。私は横山と申します。ブログで日記を書いております。

hhttp://www.oyazisaru.com/

あなたのブログ拝見しました。とても素晴らしいブログですね。
すごく良いブログだったので、思わずコメントしてしまいました。また、じっくりと過去の記事なども読ませていただきます。
もし宜しければ相互リンクしていただけるとありがたく思っています。
OKならブログにコメントお願いします。
Posted by オヤジの横山 at 2008年06月22日 06:32
おじゃましました^^

もし よければ 私のblog も 見にきてくださいね(^^♪
Posted by あち at 2008年06月22日 17:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/101160924

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。